【世代間の子育て】同居していることは偉いのか?

片づけ&オシャレ迷子専門
クローゼットオーガナイザー®岩舘さゆりです。
HPはこちら>>

 

今日は、なんと司会者をやらせていただきました!
慣れないことなのでお断りしようかとも思ったのですが、
先方は不慣れなのは百も承知でお声掛け下さったわけですから、
ありがたくお引き受けいたしました。

 

世代間子育てフォーラム

主催:認定NPO法人いわて子育てネット

 

 

お茶の水女子大学名誉教授 高濱裕子先生による
「三世代の親子と子育て」~世代間ギャップが意味するもの~
というテーマでご講演頂いたほか、

 

子育て世代と親世代のパネルディスカッションが行われました。

 

 

このフォーラムの中で、印象に残った言葉

 

①どの世代も他世代の犠牲にならないこと
私は夫の両親と同居していますが、
「同居していて偉いね。私にはできない」
と言われることが多いのです。
同居ってどんだけイメージ悪いの?って思います・笑

確かに、今まで何事もなく平穏に来たわけでわけではありません。
人には言いにくいこともありました。
他人同士が一緒に住むわけですから、
始めっから上手くいかないことだって当然あります。

でもね、
折れることろは折れて(笑)、お互い頼りあえばいいと思うのです。

両親がだいぶ折れて、私は頼りっぱなしですけどね(;´∀`)
それでも、お姑さんが
「やりたいことはやりなさい。私が元気なうちだからね」
と言ってくれるので、こうしてあちこちでお仕事ができているのです。

そこには、『犠牲』はありません。
と思っているのは私だけじゃないよね・・・(;・∀・)

・・・共存。
同居に限ったことではなくね。
↑私の主観です

 

②公平すぎた
これはご主人の言葉。
自分の親と妻の間を取り持つときに、公平な立場をとりすぎて、
結果公平ではなかったという話。
奥さんにしてみると、陰ででもいいから自分にはひいき目でいてほしいもの。
特に、知らない土地に嫁いできた奥さんにしてみたら、頼れるのは唯一愛している夫のみ。
あまりに中立の立場を貫きすぎて、奥様が居場所を失ってしまう場合も。

同居、近居、遠居関係ありませんね。

 

核家族化と言われる一方で、
じじ・ばばの援助(経済的・道具的・精神的)が必要なご時世。

多様化する家族の中で、
自分たちにふさわしいコミュニケーションをみつけて、
楽しく過ごしたいものだと思いました。

言わなきゃ、分かんないよ!!

 

 

 

 

 

▼岩舘さゆりのLINE@始めました!
お得な情報をお届けしますので、
下記のリンクから友だち追加してみてください☆
ID検索は @gze1820w
友だち追加

228日までの早期予約特典]
スタッフの愛のこもった手書きメッセージ付き♡
オラクルカード1枚プレゼント!

[年間定期購読会員さま特典]
◎年4回の送料(560円)が無料!
はぐみ岩手編集部主催のイベントに10%割引にてご優待!
228日までの早期ご予約で、オラクルカード1枚プレゼント♡


3/21春分の日創刊!
はぐみ岩手 創刊号 予約はこちら>>

JEUGIAカルチャー】
dayクローゼットのオーガナイズセミナー
鈴木尚子氏監修のクローゼットのオーガナイズセミナーが盛岡で受講できます!
詳細>>
お申し込み>>

【パーソナルコーディネート診断】好評です
もう、クローゼットの前でウロウロしたくない!
アナタの骨格ラインはどのタイプ?似合う服は?詳細>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です